FC2ブログ

玉三郎の剣禅珍道中

毒親育ちでかつてデブオタニートだった男が坐禅や居合道などに挑み、痛い目に合ったり自分の自分のダメさ加減にがっかりしたりするブログ。

Articles

座禅を行うことのモチベーション



雪が降っていたため行くのを止めようかなどと躊躇いつつも、
カッコいい自分で居たいのでという理由で今日も円覚寺へ向かった。
堂内は寒かったが、昔言われた「自分があるからだ」という言葉を思い出し、
呼吸に集中しようとするも、やはりいつもより長く感じた。
だが寒い中行った甲斐が有り、良い話を聞けた。

京都の南禅寺という寺は元々は天皇家の離宮だったが、
怪奇現象が起こるので祈祷をしたが効果が無かったが、
無関普門という禅僧が雲水を引き連れて座禅を行ったら出なくなった。

怪奇現象はネガティブな心が生み出したものだ。
無心で座禅をしている人が集まると場が清められる。
大切なのは座禅を行うことのモチベーションである。
憎しみ、妬み、優越感などを持って行うとそれが出てしまう。
坐禅は無心で行うものである。モチベーションを見直す必要がある。
心の部分を見極めながら行うこと。そうでないと悪い方向に向かう。

怪奇現象云々は現代では迷信だが、昔の人にとっては現実的な問題だっただろう。
そういう中でも無心で居れば、スルーして普通に生活することが出来た。

法句経のこんな一節を思い出した。
「われらは、ここにあって死ぬはずものである」と覚悟をしよう。
―――このことわりを他の人々は知っていない。
しかし、このことわりを知る人々があれば、争いはしずまる」

凄い人、偉い人になるために坐禅をするのではなく、
偉くもなく凄くもない自分を受け入れるためにやるのである。
お釈迦様は全てを捨てて生きた方である。それを見習うのが仏教のはず。

一本目

稽古始めは古流の練習をしたが、
本日は基本中の基本をやることになった。

制定居合の一本目である。
この技は全ての基本となる動作を含んでいる。
基本中の基本だから完全に出来ている…
と言いたいところだが、色々と指摘点があった。

技の順序は十二本全て覚えて間違えなくはなったが、
細かい部分が出来ていなかったのである。
やはり居合の道は長く険しい。

先生はやっていれば上手くなると仰ってくれた。
才能は無いのは分かっている。
だがやればやった分だけ良くなる。
参や竟に魯を以て之を得たり。
(曾子はのろまだったから手に入れることが出来た)

初座禅会

今年初めての座禅会。

居士林首座様は喪中の方も居るので、
おめでとうございますというのは迷うと言われた。
何でも百件の檀家さんを担当していると、
年に4回ぐらいの葬儀がほぼ確実にあるらしい。

そして今年居士林の建物が新築されるらしい。
90年ほど使われていた建物だがついに。
私としても色々思い出があるがお別れである。

人は必ずいつか死ぬし物は変わっていく。
だから後悔しないよう今のことをしっかりやる。
そんなことを考えた座禅会始めだった。

稽古始め

新年最初の稽古は古流の稽古をやることになった。

古流と呼ばれているのは制定居合に対して、
〇〇流と呼ばれている居合術であり、
私が稽古している会では夢想神伝流のことである。

初伝のうち八本だけやったのだが、
最初の四本は制定居合の一本目二本目と似ており、
足を強く踏み込み刀を深く振り下ろすというものだが、
以降、制定の動きと全然違うので混乱してしまった。
そして切腹の際の介錯を行う技などもありなかなかえぐい。

ようやく制定12本に慣れてきたが、初伝でこれである。
先生から言われたのは夢想神伝流の開祖である
中村博道先生も満足して抜けなかったらしい。
改めて居合の道の険しさを思い知らされた。

科学的な坐禅



ダルビッシュ選手はルーチンワークとして仙骨枕を使っている。
骨盤にある仙骨と腸骨の間にある仙腸関節という。、
https://www.sentyo-kansetsu.com/jp/sacroiliacjoint.php
座禅では腰を立てろと言われるが、具体的には仙腸関節の角度を調整する。
丹田に力を込めろというが、具体的には仙骨をどう調整するかという話らしい。
脳脊髄液が仙骨まで来て循環しており、姿勢で循環が悪くなるため、
整えると循環が良くなり心身とも良くなるとのことである。
こだわり過ぎても良くないが、科学的に考えることも大事との話を伺った。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/