FC2ブログ

玉三郎の剣禅珍道中

毒親育ちでかつてデブオタニートだった男が坐禅や居合道などに挑み、痛い目に合ったり自分の自分のダメさ加減にがっかりしたりするブログ。

Articles

華厳の世界


円覚寺は実は元々は華厳宗のお寺だったらしい。

「円覚寺は元寇で戦死した将兵を弔うために建てられた」
というのが通説だが、三井記念館の館長さんによると、
元寇の一年後には大規模の寺が建てられるはずが無く、
実はその前から建てられることが計画されていたに違い無く、
その場所に円覚経という華厳経を元に作られたお経が発見され、
それが縁で北条時宗公が建てたという説が有力で、
実は本尊の宝冠釈迦牟尼如来も廬舎那仏だったとのことで、
元々は臨済宗ではなく、華厳宗のお寺だったそうだ。

そういう縁があり、居士林首座様も華厳経を勉強しておられるとのこと。
華厳経はグローバル化の世界に必要な内容が説かれているそうで、
一度現実世界は空だとしたうえで理想世界を説いているらしい。
学者の書いた本は難しいが、色々な人がインターネットに書いてあるので、
勉強してみると良いとおっしゃっていた。

自分はこういう社会・世界を作りたいというイメージを持つことが大事で、
華厳の教えを調べて、そこに一致するように座禅する必要があるとのこと。
坐禅をしてとんでもない方向に向かう人もあるらしいので気を付けないといけない。

スポンサーサイト



トラックバックURL

http://tamasaburou1982.blog129.fc2.com/tb.php/275-2a6e232a

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/