FC2ブログ

玉三郎の剣禅珍道中

かつてデブオタニートだったダメ人間が現代の侍を目指し坐禅や剣道などに挑み、痛い目に合ったり自分のダメさ加減にがっかりしたりするブログ。

Articles

小手面とは

小手面が出来ていないと注意された。
そもそも小手と面は別々のものであり、
小手を打ったが甘いので、面を打つものらしい。
連続攻撃のように捉えてしまっていたが、
なるほど、そういうことだったのか・・・

地稽古の時にどうすれば良いか考えて、
色々と試行錯誤をしながら打ったのだが、
なかなかうまくいかず、先生に言われた。
「力が入りすぎている」
言われたとおり力を抜くと、上手く入った。
一人で素振りを続けているうちに、
変に力が入るようになっていたらしい。
段々失った感覚が戻ってきた。あと少しだ。

↓押していただけると、管理人が喜びます。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



トラックバックURL

http://tamasaburou1982.blog129.fc2.com/tb.php/157-525c63e4

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

Re: 小手面とは

再三コメント有難うございます。
新陰流と剣道どっちが良かったか
確かに 悩みますね
小学校頃 親に 2年間
禅と小野派一刀流の道場に入れられました。
その経験から30代で剣道再開 もう20年弱
の親父です。
運動音痴で剣道しか 思い浮かばなかった(笑)
自分も歴史好きです。
だから五輪書50歳を超えてから読んでみました(笑)
ではまた!

  • 20141210
  • 剣道実年親父 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: 小手面とは

剣道実年親父様
こちらこそ、わざわざ有難うございます!

小野派一刀流ですか!剣道と相性が良いと聞きますし、
実はやってみたい古流として目をつけておりました!
坐禅はやっているので辛さは分かりますし、
小野派一刀流の稽古は剣道より過酷と聞きます。
自分の小学生の頃を思い返すと、ただただ頭が下がります。

五輪書も少しずつ読ませていただいています。
初心者の私には武蔵が仰ることは分かりませんが、
剣道実年親父さんに訳していただくと、
なんとなく分かるような気がしてきます(笑)

これからも更新楽しみにしております!

  • 20141211
  • ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/