FC2ブログ

玉三郎の剣禅珍道中

かつてデブオタニートだったダメ人間が現代の侍を目指し坐禅や剣道などに挑み、痛い目に合ったり自分のダメさ加減にがっかりしたりするブログ。

Articles

坐禅をやる意味

建長寺の管長さまは良く言われている。
「坐禅をしても得る物は何も無い」
円覚寺の管長様も似たようなことを言っていた。

では、坐禅をやる意味は無いのだろうか。
どうもそういうことでは無いらしい。
何も無いことを理解して、それを受け入れる。
どうせ何も無いからやらないのでは無く、
何も無いということを納得するためにやる。

坐禅をする時に大事な心掛けとして、
「我何人ぞ」と問うことだと言われた。
「釈迦何人ぞ」「達磨何人ぞ」「キリスト何人ぞ」
坐禅をやっても凄い人にはなれないかも知れないが、
自分を知り、少しでも凄い人に近づくためにやる。
どんな道でもそれが大事なのだろう。

スポンサーサイト



Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/