FC2ブログ

玉三郎の剣禅珍道中

毒親育ちでかつてデブオタニートだった男が坐禅や居合道などに挑み、痛い目に合ったり自分の自分のダメさ加減にがっかりしたりするブログ。

Articles

決断その二

円覚寺や報国寺の坐禅会は素晴らしかったが、
仕事の勉強や剣道との両立が困難で挫折した。
しかし一般の坐禅会では本格的な修行が出来ない。
定年退職するまでお預けにするしかないと思ったが、
御仏の導きなのか、思わぬ所に道が開けた。

人間禅という明治時代は円覚寺で行っていた、
一般人向けの会を前身とした坐禅会が有り、
公案修行も出来て、居士号もいただけるらしい。
頻度は月に二回、接心は仕事をしながら参加出来る。
これなら仕事や居合をやりながらでも続けられるはずだ。
明治期に円覚寺の修行を一般人に公開したという歴史も、
居合の夢想神伝流の歴史と似ていてワクワクしてくる。

坐禅の時は目はぼんやりと見るなど、色々と気づきがあった。
師家の方からは、三昧という言葉を頂戴した。
修行をするのだから辛いこともあるだろう。
始めるのは簡単だが続けるのが一番大事である。
辛いからと言って逃げ出してはいけない。
今日は寒くて辛いから暖房を付けよう。

スポンサーサイト



Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/