FC2ブログ

玉三郎の剣禅珍道中

かつてデブオタニートだったダメ人間が現代の侍を目指し坐禅や剣道などに挑み、痛い目に合ったり自分のダメさ加減にがっかりしたりするブログ。

Articles

建長寺坐禅会無門関提唱「鐘聲七條」



雲門和尚は言われた。
世界はこんなに広いのにどうして君たちは、
鐘が鳴ると袈裟を身に着けているんだい?

禅堂の生活と我々の娑婆の生活は異なるが、
ほとんどの人は時間通りに起きて着替えて、
職場や学校に行くという規則正しい生活をしているはず。

昨日見たポケモンの映画のシーンがふと頭をよぎった。
主人公のサトシが夢の中でポケモンの居ない世界に行き、
学校に通い、旅をして遠くの景色を見ることを夢見る。
彼にとっては夢見たこととが現実だった訳だが、
我々にとって彼の住む世界はまさに夢のような景色である。
誰でも自分の生活に疑問を抱き、自由で広大な世界に
思いを馳せた経験があるのではないだろうか。

無門慧開禅師の解説は今までに無いくらい長いが、
世界の音や形に囚われてはいけないと言っていて、
耳が音の方に行くのか、音が耳の方に行くのかと問うている。
振動が鼓膜に触れて音として脳が認識する訳だが、
こういう音だと認識しているのは我々である。
管長さまも鐘の音を美しい音色だと思う人と、
また坐禅しないといけない嫌だなあと思う人が居ると言っていた。
聞く音は同じでもどんな音かは受け取る人次第なのだ。

我々の住む世界は色あせた灰色の世界かも知れない。
さよならバイバイして可愛いピカチュウと旅に出たりは出来ないし、
幼き日に助けた美少女が「会いたかった!」なんて言ってはくれない。
「仲間だから」「友達だから」では解決せず、人間関係は面倒くさい。
それで良いのだ。それでも我々の住んでいる世界だって美しい。
ポケモンは居ないが、何かのマスターを目指して生きられる。
いつもいつでもうまくゆくなんて保証はどこにもないけど
いつでもいつも本気で生きているこいつたちが居るのだ。

スポンサーサイト



Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/