FC2ブログ

玉三郎の剣禅珍道中

毒親育ちでかつてデブオタニートだった男が坐禅や居合道などに挑み、痛い目に合ったり自分の自分のダメさ加減にがっかりしたりするブログ。

Articles

高野山東京別院阿字観実修~捨てること~

DSC_0617_convert_20150926224915.jpg

真言宗の坐禅方法は阿字観というらしい。
臨済宗、曹洞宗、天台宗で坐禅をしたので、
次は真言宗の坐禅もやってみなければ…
ということで、真言宗の総本山である
高野山の別院が東京にあるらしく、
そこで阿字観実習をしているというので、
早速参加させてもらうことにした。

泉岳寺駅から歩くと、「高野山東京別院」の文字が。
法事を仕切っていた背広姿の親切な男性に教えてもらい、
奥書院という建物に入ると衝撃の事実を伝えられた。
初めての人は30分前に来て説明を聞くことになっているらしい。
5分前に行ったので最後の部分しか聞けなかったが、
お香を渡されてそれを手に刷り込むよう言われた。

10時になり、阿字観が始まった。
説明は聞かなかったが、お坊さんが説明しながら行われたので、
分からなくて参加出来なくなるということは全く無かった。
まずは五体投地から始まり、「あ~」という声を出す。
深呼吸を七回、阿吽の呼吸を七回行い、
それが終わると鼻の呼吸に切り替える。
目は鼻の頭を見て、自然に半眼になる。
妄念が思い浮かんだら、そのままにするが、
感情は込めずに客観的に考えるようにする。
座禅後は、頭の上で拳を握って下で手を開き、
全てを捨てるということを意識する。

これらが阿字観実習で教わったことだったが、
説明も聞かなかったので、阿字観という修行法が、
どういうものなのかあまり理解出来なかった。
しかし、最後に全て捨て去るように言われた。
建長寺の管長様も何か良いことがあると思って、
坐禅をしに来ても良いことなどある訳が無く、
寺には捨てるために来るのだとおっしゃっていた。
阿字観の勉強より捨てることが重要なのかも知れない。

私は、9月に入り、色々と転機を迎えていて、
色々なことで悩んでいたが、リセットすることが出来、
おかげで一つの決断をすることが出来た。
先のことはわからないが、後は最善を尽くすのみである。

↓押していただけたら、とても嬉しいです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/