FC2ブログ

玉三郎の剣禅珍道中

かつてデブオタニートだったダメ人間が現代の侍を目指し坐禅や剣道などに挑み、痛い目に合ったり自分のダメさ加減にがっかりしたりするブログ。

Articles

岡崎旅行(二日目)~徳川家の菩提寺に行って来た~

一日目は観光協会のHPに乗っていたモデルコースの
岡崎公園周辺という観点で廻ったので(閉まってたけど)
違うモデルコースの徳川ゆかりの神社仏閣巡りへ。

IMG_1754
バスに飛び乗りまずは伊賀八幡宮へ。
家康公が出陣の際に参拝していたらしい。

IMG_1758
年末だからかとても忙しそうだった。

IMG_1761
祭神は八幡神だけど東照大権現様も祭っている。

IMG_1764
再びバスに乗って大樹寺へ。
そもそもここに行きたかったんだよな~。

IMG_1765
境内。

IMG_1766
本堂。厭離穢土欣求浄土の文字が。

IMG_1769
初代親氏公から家康公までの松平九代の墓が並んでいる。
こちらは初代親氏公の墓。並んでいる墓の中で一番小さな墓。

IMG_1775
家康公が「康」の字を貰ってあやかろうとした祖父清康公の墓。

IMG_1776
山岡荘八先生の小説だとダークサイドに堕ちた父広忠公の墓。

IMG_1777
家康公の墓。一番立派なのは当然だと思うけど、
代が進むごとに大きくなっていてどこかの落語家と
逆になっているのが何とも面白く感じてしまう。

IMG_1780
大河ドラマ「徳川家康」が始まった時に植えた記念樹らしい。

IMG_1782
本堂に置いてあった本棚。
山岡荘八先生の小説と横浜光輝先生の漫画版に混じって
何故かサミュエル・スマイルズの「向上心」が。
家康公が読め!と言ってるのかと妄想して、
帰りに買って電車の中で読んだが、
別に感銘を受けるような事は無かったぜ!

IMG_1786
遺訓が書いてある竹筒。

IMG_1798
ここからは受付で料金を払って拝観。
これが桶狭間の戦いの後で敵が取り囲んだ時に、
祖洞和尚が振り回して応戦したかんぬきらしい。
このかんぬきにも莫大な所領が与えられたとか。

IMG_1788
家康公直筆の念仏。
最後の文字が「南無阿弥家康」になっている。


その後、松平八代と家康公から家茂公までの
将軍14代の等身大の位牌を見に行く。
そこは残念なことに写真撮影禁止だった。
綱吉公の身長は125センチぐらいだったらしい。

IMG_1808
大樹寺を後にし、寒かったので自販機で暖を取る。
中部地方限定のでらうまコーヒーを飲んでみる。
無糖でミルク無しだったけど結構甘かった。

IMG_1811
その後、バスでは直接行けなかったので、
タクシーに乗って滝山東照宮に向かう。

IMG_1810
すぐ側に何故か滝山寺と書いてある寺が。
どうやら家光公が出生地の岡崎にも是非東照宮を!
と言って寺の中に造ったのが滝山東照宮らしい。

IMG_1817
その後、バスの本数が少なかったので、
歩いて帰ろうとするもそれは判断ミスだった。
バスを待っていればもう帰宅していた時間に
岡崎駅に着き、松平元康像を撮影して帰路に。

今回の旅はリサーチ不足で色々失敗したけど、
途中、なかなか面白い発見もあった。
遅い昼食を取ろうとして立ち寄った喫茶店の店員さんは、
料理は美味かったが、愛想はあまり良くなく、
馴染みの客と思しき人には笑顔で接客していた。

1ヶ月前に行った長浜でも昼食を喫茶店で取ったが、
その時の店員さんは初対面で愛想が良くない私に色々話しかけてきて、
「賤ヶ岳では武将の亡霊が出るそうですよ~おおきに~」
などと店を出る時に言っていたのとは対照的だった。

豊太閤と家康公の性格がこんな所にも影響を与えているのかな。

↓押していただけたら、とても嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/