FC2ブログ

玉三郎の剣禅珍道中

毒親育ちでかつてデブオタニートだった男が坐禅や居合道などに挑み、痛い目に合ったり自分の自分のダメさ加減にがっかりしたりするブログ。

Articles

趣味による戦略

短歌を始めて趣味は四つになった。
坐禅、居合、囲碁、短歌である。

居合は入門して先生に教わらないと出来ない。
坐禅は自由参加の座禅会に参加すれば出来る。
公案修行は出来ないが老後の楽しみにする。
囲碁は本やアプリで練習して免状も取れる。
短歌は通信講座で添削してもらえる。
これで仕事をしつつ両立出来る・・・はず。

短歌で感性、座禅で集中力、囲碁で思考力、居合で強さを鍛える。
これらの趣味はよほどのことが無い限り無くならないだろう。
定年退職をしてからもこれらを通じて人との繋がりを構築出来るはず。

スポンサーサイト



囲碁を始めてみた

坐禅は鎌倉武士の嗜み、居合は江戸武士の嗜みである。
それならその間の室町武士(戦国武将)の嗜みもやりたい。
だが、茶道、鷹狩、能、連歌、蹴鞠。どれも敷居が高い。
仕事と居合、座禅と両立出来る趣味は無いだろうか…

あった。囲碁である。
戦国武将の逸話でも囲碁は頻繁に登場する。
将棋ほどでは無いが囲碁も盛り上がっている。
詰碁を解いたり囲碁ソフトで自分のペースで出来る。
坐禅で感覚、居合で身体を鍛え、囲碁は頭脳を鍛えられる。

日本金には入門会員という制度が有り、
半年間2750円で教材一式とその他の特典が受けられるらしい。
なかなかお得では無いだろうか。後はちゃんと続けられるかだ。
https://www.nihonkiin.or.jp/member/nyumon.html

円覚寺土曜座禅会~気づかないこと~


座禅中、居士林の前を通った人の話し声が聞こえた。
当人たちは二人だけの話だと思っているが、
実は50人もの人に聞かれていた。気が付いていなかった。

終了後に首座様はそれについて話されていた。
座禅は話し声が聞こえてもイライラしないためにやるものではなく、
イライラすることを起こりうるものとしてとらわれないことが大事。
心の外と心の内の現象を冷静に眺めているのが座禅。
ただ、気が付くということは大事で人が気づかないうちに傷つけている。
早いうちにやめることが大事だがそれにとらわれ過ぎてもいけない。

とらわれないことと気づくこと、両方とも矛盾した存在では無いはず。

一年の計は元旦にあり

昨年は剣と禅、二つを続けるために決断し、
剣道から居合、お寺の坐禅会から居士禅にシフトした。

師にも恵まれて、お陰様でダメなりに続いているが、
今年は2月に接心に参加し、4月に級審査があるらしい。
どちらも初めての経験なのでどんな感じか分らない。
仕事でも配置展開が有り、難易度が上がりつつある。

もちろんどれも最善を尽くし、結果を出すつもりでやるが、
何が起こるか分らないし、三つの両立は簡単では無いだろう。
「創業は易く守成は難し」という言葉もある。
去年は色々なことを始めたが、肝心なのは続けることだ。

「継続」を今年の目標にする。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/