FC2ブログ

元デブオタニートの剣禅珍道中

かつてデブでオタクでニートだったダメ人間が坐禅と剣道と一人旅に挑み、痛い目に合ったり自分のダメさ加減にがっかりしたりするブログ。

Articles

ばかばかしいお笑いだと思うといつの間にか消えている

松本老師禅会メモ
あと言ったら言った瞬間からなくなっている
実物があるという訳ではない。
ありながらある無いながらある。
必ず今の様子になっている。
必ずそうなってしまう。
私というものが居るように思う。
私は変わっていないというのが残ってしまう。
認識が完全に止み切らないと事実だということが分からない。

事実というものは理解する必要は無い。
悟りは言い聞かせたり確認する必要は無い。
論理だと揺るがないと言っていても揺るぐ。
自分でそういうふうに決めているから。
事実は悟った後は揺るがない。
昨日こういうことがあったというのは観念上の事実
考えでこうなろうとかしていない。

はっきりしたら私と言うものが無く事実しかない。
私が無くなった訳ではなく、元々ない。
やだなあ寂しいなあ孤独だ→それで大丈夫。
はっきりするということは認識が止んで
元々こうするとこうなっているんだな。

私が居ると求める。経験にしてしまう。
旅行に行った。ハワイの方が良かった。
経験は比べる。一度起きたことを翻訳する。
悟りは経験では無く。
私が見たり私が決めたりしないから揺るがない。
本当に全て完成されているから思いもそのままで
捉えて変えようとすることを辞めているから認識が落ちる
それが一旦止んでしまえば終わるだけ。元黙阿弥。

私無くてそうなってしまうと生き死にも解決する。
仕事などは勉強して覚えなければいけないが、
何が本当かということは探求が止む。
事実というものは今の様子しかない。
人が救われるというのはそういうこと。

大事なのは坐る時間ではなく、
考え方で作る座禅をしないことと
何かに気づこうとしないこと。
コツコツやっていればどこかで認識が止む。
完璧な修行をしようとすると作っていることになる。
失敗したとかは無いので安心して坐る。
チェックしようとすると認識を使ってしまう。
今の事実=真実=座禅内容=悟りの内容

スポンサーサイト



ちゃんと修行出来ているか?これじゃないんだろうか?

松本老師禅会メモ
考えを使った達成しようを続けなければ良い。
頭で思い描いた修行状態を造ろうとしていない。
修行にとって妨げになる思いなどは無い。
自分に特殊性を感じてしまう。
坐禅修行は苦心する必要が無い。

気を付けるのは二つだけ。
・眼を閉じると寝てしまうので明ける。
・考えて作り上げてる状態はやめる。
どんな疑問も疑問のままで居て良い。
気になったことは気になったままで置いておく。

色即是空空即是色。
実態が無いから今の状態になっている。
思っているだけだから問題ない。

だいたいの人は下記の通りの状態を移行する
気になっている状態

真ん中の状態

気になったままでいる状態

出来ていないんじゃないかということを思う。
論理的に不明瞭なこと。自他が無いとは?
ということを解明したくなる欲求。
理屈で分かっていても出てきてしまう。
誰かが言った一言。
解明したくなるが放っておく。
心配のままで居ること。
坐りきるのを只管打座という。
日常生活で気になることがあったら考える。
整理してから考えたり環境づくりはしておく。

はっきりしなければやめてしまう。
耐えるという感覚の時は耐える。

第三回自他の抜苦与楽を『ダンマパダ』から学ぶ会

第一禅定:尋・伺を共いながら、喜楽と共にある状態
第二禅定:尋・伺が止み、喜楽と共にある状態
第三禅定:喜が止み、楽と共にある状態
第四禅定:不苦不落で心の統一した状態

尋→ちょっと意思が向く
伺→意思が向く手前のプレ思考段階
ぶつぶつっと意識が向かなくなる

喜→オアシスを発見したような興奮状態
楽:水を飲んでああよかったおいしい
→それに捕らわれているとしがみつき苦になる

あるがままの観察→涅槃
心理を把握できる

精神的なものや感覚的なものを否定しない。
喜の状態が起こった時に止める必要は無し。

身→口→意

本を読んでもやってみないと上達しない。
語っている方もそれをやっていないなら説得力無い。
無口だったらコミュ障だったりしても実践していれば心は解脱して解放は得られる。
仏教の場合は身体的行動をしていくのがとても大事。
心の言いなりにならずにやることはやる。
怒りが沸いていても言葉は丁寧にしてくなど。

仏教の本を読むと

...続きを読む

坐禅をする。坐禅をするわけではない。

松本自證老師禅会

坐禅をする。座禅をするわけではない。
何もしないをする訳でもない。
事実が抜けると頑張るようになる。
事実が抜ければ本当に何もしないが、
分からなくなる。

参禅というのは必ずなっちゃう
聞こえているそばから無くなってしまう。
だから努力できない。
姿勢を整えるための努力だけ。
あとは努力は必要は無い。

あ~と言えばあとは無い。
一切の考えを使った努力は出来ない。
だから悟る元々それしかない。
悟りは私が悟る訳ではない。
悟った状態になる訳ではない。
今の内容しかない。

何か増えたりする訳ではない。
私が何かになるのではなく、
私が居るという風に思っているだけ。
得るものも無ければ捨てるものも無い。

私が悟ったなんて全く思わない。
悟ったという気配が無い。
怒りが出てきたらそれで良い。
実態は無い。そのままにしておく。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/